メルマガ 女医とも子の知的な野生生活

 

こんにちは、初めまして、小室朋子です。

これまで述べ40000人の患者さんと関わってきて

病気や症状は、何かその方にとっての不自然だったり無理な生活スタイルが

サインとなって、心身に現れてきている部分があるな、と感じ

ブログやメールマガジンで私の考えを発信してきました。

 

メルマガ「女医とも子の知的な野生生活」では

「人はそもそも動物の一種である」という要素を忘れてしまったが故に

自然の一部の自覚をなくし、傲慢だったり、おかしな自己顕示欲を持ったりして

結果、自分自身を苦しめてしまったり、周りの人もそれに巻き込んでいるのでは

ないだろうか?ということを原点にしています。

 

もっと自分の感覚を見直し、

それに従って生きる力を戻すことが結果

幸せにつながるのではないか?

 

そのためには、自分自身を振り返ってみることからは逃げられません。

メルマガでは、そんな自分自身への問いかけのきっかけになるコンテンツが日々、届きます。

 

「野生になればいい」ではありません。

ヒトは知的好奇心をちゃんと持っており、頭を使って考えることができます。

野生であり、考えることもする。

両方あって、ヒトだ、と私は思うのです。

 

メルマガを通して、返信をしていただくことで

読者の皆さんの、心と頭の整理ができるようになります。

 

読む処方箋としてもどうぞ、ご利用ください。

必ず、ヒントになるメールがいくつも見つかると思います。

 

今すぐ無料で登録する

 

 

 

メルマガを読むことで得られるモノ

 

ここで、読者の方々が無料メルマガによってどう、変化したのか?を

少し、シェアします。

 

 

 M.R.さん 

1通目を読み、ここまでストレートでダイレクトに投げかけてくれる方、に改めて驚きました。

これまでの全てが、今のとも子先生を作った、ということが分かるというのは、

自分も「本当の自分」「本当はどうありたいのか」「本来の私がやりたいのは何か」を

諦めずに行こうと思う原動力になりました。

 

いったん、ドーーンとホントの意味で丸裸な自分になるのが近道、

そこにたどり着きそうで、今ひとつ勇気が出ない。

でも、徐々に近づいている、とも子先生のメルマガの扉を自然に開け

るタイミングが来て、こんな風に自分の気持ちを文字にさせていただけた。

本当に嬉しくて、号泣です。

 

世の中にはこんな風な人間がワジャワジャいるんだと思います。

ここから抜けるのは、じつはシンプルなのではないか、と

どこかで思いながら、ドロドロとしている自分をどこかで見つめる自分もいながら、

なかなか抜け出せないのはなぜなのか?!

 

だから、とも子先生のメルマガ発信に今、出合わせてもらえたのですね。

こんな斬新な方法で、水道管を投げてくださり、ありがとうございます。

 

日記では、出口がない。

誰が読んでるかも分からないところに投稿するのも、気持ちの出口がない。

でも、とも子先生が目を通してくださると言ってくれるこの場。

大量に押し寄せるこんな文面の数々を受け止めて

くれようとする、お医者さま。

斬新です。ありがとうございます。

 

 A.T.さん

ブログ、メルマガで、日々お話をしていただけることに感謝しております。

先生のお話は、少しピリッとしているけれど、深く静かに染み渡るお薬のようですね。

 

「試練 」というと重く辛く、いつ終わるか分からない感じがしますが、

「神様からのテスト」なら、対策もありそう、クリアできそうに思えます。

 

子供の大怪我など、どうしようもない辛い出来事が起こった時に、

ただ祈る事か、何でこの子がこんな目に合わないといけないの!って

感情的になるばかりでした。

 

いろんな事を考えた割に、その出来事から何かを拾えてないかもしれないと、今思いました。

あれは何のテストだったんだろう。

嫌な事辛い事があると、心に蓋をして我慢したり、

自分なりに無理やり納得しようとする癖があるのです。

自分の心と向き合う、という事に慣れていませんが、

それ無くして幸せには辿り着けないのですね。

 

たくさんの知見と気づきをありがとうございますm(_ _)m

いつもお弁当を作っている時、先生からのメールが届きます。

朝はバタバタしているので、職場に行ってから記事を読ませて頂いております。

凝り固まった頭と気持ちをほぐしてくれる、私のサプリ。続けていきたいと思います。

 T.F.さん

私は、ずーっと「青い鳥症候群」でした。

いつも幸せはココにはなくて、幸せがある所まで頑張って歩いて行かなければならないと、

思っていました。それができない自分はダメだと思って生きてきました。

だから、いつも、不完全で、足りなくて、ブスブスと不完全燃焼で、

芯から解放された心の平安とは、およそ無縁の生活でした。

 

でも、「青い鳥症候群」は、他人の話で、自分とは無縁だと思っていました。

やらねばならない事もいっぱいあったけど、いつかやりたい事もたくさんあって、

それなりに毎日が充実していると、思っていました。

 

でも、心の奥の奥の、そのまたずーっと奥の方に、

自分でも何なのかハッキリわからない、なんとも形容しがたい、

「なんか違う」みたいなものが、ずーっとあったのです。

そして、ずーっと、〇〇年間も、見ないようにして、

今、夜勤明けの帰りのバスの中で、この文を入力していますが、ヤバイ。

涙がこみ上げてきて、止まらない…

朋子先生がおっしゃる、書く事の大切さ、ですね。

書く事で、心が整理されていく。

 

そう、〇〇年間、本当の自分じゃなかったんだと思います。

9月くらいから、頑張る事をしない選択をする自分を、

ようやく少しずつ、少しず~~つ、許せるようになってきました。

そんな中で、朋子先生のブログと出会ったのです。

未来は、今の積み重ね。

今この瞬間が、幸せじゃなかったら、未来の幸せはないんですね。

 

東京セミナーで、朋子先生のお話を直接聞いてさらに変化が加速しています。

これを入力している自分が、今幸せ(^-^)と思える事自体がうれしいです。

 

私もメルマガを通して、一人でも多くの方が

自分を振り返り、何かのヒント、「自分らしく生きて満足ができる」

そんな風に変化してくださったのなら、とても嬉しいです。

 

今すぐ無料で登録する